研修委員長からのメッセージ研修医募集中津川市民病院

研修医募集サイト

岐阜・中津川市民病院 臨床研修医募集案内

研修委員長からのメッセージ研修医募集電話番号0573-66-1251

 

中津川市民病院TOP > 研修医募集 > 初期研修医 > 研修委員長からのメッセージ


研修委員長からのメッセージ

研修委員長メッセージ

 当院での研修方針は一言でいうと「よってたかって育てます」になります。中規模病院のメリットを最大限に活かし、研修医の先生の希望に沿うようにプログラムを組み、実現させていきます。
 従来から一学年の研修医人数が少なく指導医同士の意思疎通も比較的いいので各診療科ごとの垣根も低く、指導医や上級医が一緒に研修を進めることができます。
したがって、侵襲のある手技も指導医とともに安全に学ぶことができ、貴重な症例を研修医同士で取り合いになることも少なく、充分な経験を積むことができます。
どこの病院よりも、早くいろいろな事ができるようになる病院だと自負しております。

 また、研修プログラムは用意しておりますが、CBT(computer based testing)やOSCE(objective structured clinical examination)などの卒前教育も含め、医学教育(卒後研修教育)も欧米に準じた体制を各研修病院とも整備してきていますので、国の方針も変化していまして、その対応には苦慮しています。
具体的には2004年から2009年は7科目が必修研修でその後、2010年から2019年は3科目へ、そして2020年からは再度7科目必修へと変わり、レポートが無くなった分カルテ記載や外来研修が追加されています。
教育評価法もポートフォリオを使用したり、360度評価として、医師以外の医療者からの評価や、当院ではまだ導入していませんがEPOC(evaluation system of postgraduate clinical training system)を導入したりなどです。
当院では毎月の研修管理委員会への参加と毎月委員会事務局との懇話会を開催して、研修医の先生の意見をできるだけ反映するような体制をとっております。
一学年の人数が増えると診療科目やその診療科の研修期間、研修順などの変更や当直回数などの自由度は減りつつありますが、当直する日や研修順などできるだけ自分で決めることができる余地は残るシステムにしてあるつもりです。当直も月4回はできるような体制にしていきます。

 このように自分の意見も無理せずに言えて、研修もしっかりでき、手技も身についていくと思います。
ただ、都会ではありません。医療圏10万人程度の地方都市です。名古屋市中心までJRで1時間ほど、高速道路のインターチェンジまでは5分ですが、車でも1時間ほどかかります。病院から車で5分のところにリニア中央新幹線の駅ができ、名古屋や東京まで現在と比べると早くいけますが、まだ7年ぐらい先です。
中津川市内には温泉施設もあり、旧宿場町でもあったため市内に住んでゆったりと充実した生活をおくることをお勧めします。

総合病院 中津川市民病院 臨床研修管理委員長
 

お問い合わせ窓口

ご不明な点等はお気軽にお問い合わせください。

  • 電話番号0573-66-1251
  • 総合病院 中津川市民病院 医師確保対策室