中津川市民病院

患者さまの立場を十分理解し、質の高い医療を目指します。

背景色

文字サイズ

電話番号0573-66-1251

〒508-8502 岐阜県中津川市駒場1522-1

血管撮影

中津川市民病院TOP > 診療科・部門 > 放射線技術科 ・ 血管撮影


血管撮影

20141222143008.jpg血管造影検査は、鼠径部(足のつけ根)や腕の動脈にカテーテルと呼ばれる2mm程度の管を挿入し目的の血管まで進め、ヨード造影剤という薬剤を注入して血管の形態、血流状態を連続的に撮影する検査です。 血管の病気に対しては必要不可欠な検査であるのはもちろんの事ながら、手術適応の決定、さらには手術方法の決定の際にも血管造影検査をおこなっています。
当院には南血管撮影室と本館血管撮影室があり、南血管撮影室は、頭部血管、下肢血管アンギオグラフィー、心臓カテーテル検査、本館血管撮影室は腹部の血管撮影検査を行なっています。特に、南血管撮影室にはFlat Panel Detector(FPD)を搭載した血管撮影装置が導入されており、より高精度な画像を低線量で撮影できるため微細な血管の描出や大幅なX線被曝の軽減が可能となりました。また高速で回転をしながら目的部位を撮影し、専用の画像処理機器で画像処理することによって三次元表示をすることも可能です。

デジタル・サブトラクション・アンギオ(DSA)

頭部、腹部、下肢では、血管以外の骨や腸の空気などが診断の障害になるため、デジタル・サブトラクション・アンギオ(DSA)により血管走行のみを画像化します。

インターベンショナルラジオロジー(IVR)

検査は診断目的と治療目的であるインター・ベンショナル・ラジオロジー(IVR)とがあります。エックス線透視下において、カテーテル、ガイドワイヤー、針などの特殊器具を用いて、治療をおこなうものです.胸部や腹部を切ることにより病巣部位を直接見て治療する外科的治療に比べると、体を切ることなく、体表面に小さな穴をあけることで、そこからカテーテルなどを使って治療を行うため、体への負担(侵襲)が少ない検査です。主に血管撮影室では、カテーテルより血管内に直接治療薬を注入したり、悪性腫瘍への血流を塞栓したり、血管の細くなっている部分を風船(バルーン)によってふくらませて広げたり、ステントを留置するなど様々な治療があります.早急な治療を必要とする血管障害の治療にも用いられます。

患者様へのメッセージ

  • 専門の医師により検査及び治療をおこないます。
  • 造影剤は比較的安全なお薬ですが、稀に吐き気や嘔吐、発疹、かゆみ、頭痛、めまいなどの副作用を引き起こすおそれがあります。
  • 検査中は清潔なシーツで覆われるため自由に体を動かすことが出来ません。痛みや気分が悪いときなどは、すぐにスタッフに声をかけてください。
  • 初診外来について
  • 入院・お見舞いの方へ
  • 診療科のご案内
  • 救急外来について

受診予約

お電話による事前予約、変更、キャンセルはこちらからお願いします。
TEL:0573-66-1601 受付時間 14:00~17:00

紹介予約地域医療連携室

TEL:0573-62-4011
FAX:0573-62-4012

健康診断
人間ドック
健康管理センター

TEL:0573-66-1456
FAX:0573-66-1826
受付時間 10:00~16:00